発達障害の治療

発達障害の治療とは?

    からわかる 発達障害  
      

このサイトは
広汎性 発達障害 の専門サイトです。


なんで、自分は一生懸命しているのに上手くないんだろう?
なんで、あの人は失礼なことを言ってくるの?
ちょっと変わったあの人も、個性の強いあの人も実は発達障害かもしれない。

自閉症障害高機能自閉症障害アスペルガー障害レット障害学習障害(LD)
小児期崩壊性障害
注意欠陥/多動性障害(ADHD)
特定不能の広汎性発達障害などを説明しています。


                                    
       トップ発達障害の治療       
スポーサードリンク
>>障がい者のための就職・再就職サイト 登録無料!! 

発達障害の治療
スポーサードリンク
子供の場合

子供の場合は、早期発見、早期介入することで
改善率が高くなると言われています。
治療は、症状の程度によって異なりますが
あせらず長い目で見ることが大切です。
 
発達障害の治療法は
大きく分けて
心理療法行動療法薬物療法
の3つになります。

また、独特の思考回路をしているため、
学習面でもサポート
が必要なこともあります。
なるべく早めに一般の大人数の学習塾ではなく、
発達障害専門の塾、もしくは先生の目の行き届きやすい少人数、
個別指導の塾、家庭教師に通う事が良いとおもいます。

心理療法
精神分析認知療法対人関係療などがあります。

認知療法は
自分の思考のゆがみを自覚、理解させるように誘導し、
そのゆがみによって生活にどのように影響しているかを
自覚するように誘導する治療法です。
対人関係療法は、
コミュニケーションの向上を目指す為の治療法です。
他人との接し方、
孤立することを防ぐ、
他人に対する接し方などを学ばせる療法です。
「こうしたらお友達が嫌がるから止めようね」など、
対人関係における問題行動を一つ一つ教えていきます。
精神分析は、
子供との自由な会話の中で、
その子供の言葉や人や物事について
その子どもの抱える問題や行動にみられるパターンが
なぜ繰り返されているのかを分析します。
大人しく、言葉がでない子供の場合には
行動を観察して分析するようです。
行動療法
心理療法と対になった治療法です。
心理療法で出た結果を元に、
問題行動または不適応行動を、
誤った学習から生じるものとみなして、
臨床心理士など専門の職員が、
誤った学習を修正するために介入を行います。

言語、コミュニケーション訓練対人関係を学ぶ訓練があります。

言語、コミュニケーション訓練は、
対人関係などコミュニケーション手段を習得、学ばせる治療です。
言語訓練は、
言葉の単語数を増やす訓練や、読み書きや文章学習を
その子に合わせたペースで進めていく訓練です。

対人関係を学ぶ訓練は、
子どもの性格や資質などを見ながら
ゆっくりと周りとの関係作っていきます。
ソーシャル・スキル・トレーニング(SST)ともいい、
対人関係を学ぶトレーニング方法です。

問題行動や不適応行動は、
子供が知らない、理解していない為に
どう対応すればよいのかわからないために起こる行動と、
誤った学習による対応法の間違いが原因だと考えられています。

それらを一つ一つを、
日常生活の中で修正していくことが大切です。
「障害を持っているから」と親が愛情をもって注意,修正しなければ、
大人になって困るのは子供本人です。
障害は、水戸黄門の印籠ではありません。
子供のうちはなんとか許される行為でも、
大人になっては通用しません。
大人になってから治すことは、
本人に大変な努力を強いることになります。
大人になったときに、
決まりも守れないひとは、誰も相手にしてくれないでしょう。
問題行動、不適応行動をおこしたときは、
怒らず、冷静に、その子供に理解できる方法で、
あきらめず、愛情をもって何度でも教えてあげてください。
そのことにより、
大人になっての生きづらさが軽減されるのです。

薬物療法

薬物療法は、医師のみが行える治療法です

・攻撃性、多動性、常同行動、自傷行動などがある場合
・異常な執着、常同行動、強迫行為、自傷などがある場合
・不安、抑うつ障害がある場合
・自閉症、アスペルガー症候群で気分障害がある場合
・睡眠障害がある場合

大体上記のような場合に医師と相談しながら処方されます。
学童期には、
 攻撃性、多動性、執着、常同行動、強迫行為などで、
青年期では
 二次障害のために他の問題行動で処方されることが多いようです。
 
また、発達障害の子供には、
てんかんの波が出やすい子が多いです。
大発作(いきなりの痙攣、意識喪失)から、
日常的にボーっとしているだけに見えている小発作と、
その子供によって違いますが、
脳波を調べるとてんかんがあるかはわかります。
てんかんの波が出ているのが確認されたら
医師と相談のもと、薬物療法をします。

注意すべき点ですが、
現在のところ発達障害を治す根本的な治療薬はありません。
「つらい症状」を軽減するための薬物療法になります。
 
大人の場合>>
大人の発達障害の治療法も
大きく分けて
心理療法行動療法薬物療法の3つになります。
が、もう自己が形成されている為、
中々効果をあげることは難しく、
本人、パートナーなどが一丸となり努力する必要があります。

また、二次障害を起こしていることも多く、
治療は長期が予想されます。
まず、本人が自分の病気を受け入れることが第一目標になります。
治療=完治ではなく、
本人の生きづらさの軽減が目標です。
心理療法
子供の場合と基本同じで、
認知療法対人関係療法精神分析の3つです。
認知療法は、
自分の思考のゆがみを自覚、理解させるように誘導し、
そのゆがみによって生活にどのように影響しているかを
自覚するように誘導、自己理解する治療法です。
また、自分の障害の特性を理解し、得意不得意を理解します。
対人関係療法は、
コミュニケーションの向上を目指す為の治療法です・
他人との接し方、孤立することを防ぐ、
他人に対する接し方などを学ばせる療法です。
ただ、子供のように一づつ教えることは難しく、
デイケアなどの集団で
適切な社会的な行動を学ぶ治療をすることになります。
精神分析は、
自由な会話の中で、言葉や人や物事について
本人の抱える問題や行動にみられるパターンが
なぜ繰り返されているのかを分析します。
また、行動を観察して分析もします。
行動療法とは
心理療法と対になった治療法です。
臨床心理士など専門の職員は立会いますが、
当事者たちのグループ学習会で
コミュニケーション訓練、対人関係を学ぶ訓練(お互いの困り感についての対処法を話し合う)
になります。



薬物療法とは
薬物による治療になりますが、
発達障害を治すクスリは開発されていない
のが現状です。
二次障害(鬱、睡眠障害など)をおこしている人に処方されることになります。
子供には、
多動性や、衝動性、不注意の特性をやわらげる効果のある薬がでていますが、この薬は残念なことに18歳までという年齢制限があり、
大人には現段階(H23年現在)では処方できません。
トップへ>>
 AdSense
 

 発達障害
発達障害とは
発達障害の特徴
子供の発達障害
大人の発達障害
発達障害の原因
発達障害の治療
発達障害の病院
発達障害者の支援
発達障害の就労
発達障害の自己診断
アスペルガー
アスペルガーとは
アスペルガーの特徴
アスペルガーの治療
アスペルガーの病院
アスペルガー自己診断
レット障害
レット障害とは
小児期崩壊性障害
小児期崩壊性障害とは
注意欠陥/
 多動性障害

         (ADHD)
ADHDとは
ADHDの特徴
ADHDの治療
ADHDの病院
ADHDの自己診断
自閉症,
高機能自閉症
自閉症とは
高機能自閉症とは
特定不能の発達障害
特定不能の発達障害とは
発達障害と合併しやすい障害
トゥレット障害
学習障害(LD)とは
うつ病
強迫性障害
支えるために
立ち向かう為に
Copyright (C)1からわかる発達障害 All Rights Reserved 
免 責 きるだけ正しい情報を記載しようと努力しておりますが、万が一このサイトを利用したことで損害が生じましても責任は負いかねますのでご了承ください。
           GROUP.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20